SMC維持のための手順

SMC資格更新プログラムの概要

スキルアップポイントプログラム

1.資格更新条件-スキルアッププログラム

SMC資格には有効期限があります。原則2年ですが、認定年度から最初の更新日までの間には、例外的に2年を超える有効期間があります。SMC更新には所定のスキルアップ制度に従って、更新日までの2年間にSMC活動を「スキルアップポイント」として評価点に換算して、その合計が所定のレベルを満たす必要があります。
(SMC更新時の費用:更新申請料21,600円)

スキルアップポイントプログラムのスケジュール

2.資格有効期間と更新時期

有効期限は4月1日から翌々年度の3月31日(2年間)。ただし、最初の資格認定時の有効期間は認定年度の、翌々年度の3月31日(最長約2年10ヶ月)。

    ポイント
/回
上限
/2年
必須ポイント SMC更新研修(認定講習初日を受講。2年間に1回は必須) 40 80
スキル提供 ITまたはモバイル関連展示会講演 40 80
SMC向けホームページ事例提供 40 80
ITまたはモバイル関連新聞・雑誌への論文掲載(カテゴリー1) 20 40
ITまたはモバイル関連新聞・雑誌への論文掲載(カテゴリー2) 5 10
MCPC award 発表 60 60
MCPC award 申請・発表選定外 20 20
MCPCモバイルソリューションフェア 発表 20 20
育成活動 SMC育成活動(1、2級認定講習会、社内研修講師等) 30 60
MCPC関連イベント 関連展示会参加レポートをウェブページにUP* *10 40
参加ポイント 関連講習会参加レポートをウェブページにUP* *10 40
  1. SMC資格更新には、有効期間内にスキルアップポイントを合計100ポイント取得する必要がある。
  2. SMC更新研修(認定研修初日)は、有効期間中に最低1回は受講する必要がある。
  3. *印の項目は年2回まで、その他の項目は年1回のみポイント対象となる。
  4. このポイント制度は随時、更新・変更・追加(HPで公示)されるが、既得ポイントは保障される。
  5. 論文掲載の「カテゴリー1」とは次の各項目をすべて満たす論文を言う。
    • 著者のタイトルにSMCも含めること。
    • 内容はモバイルシステムの企画・構築・運用・サービスに関するものであること。
    • 2000文字以上で、「査読」を受け論文誌等に掲載された論文であること。
    • 論文の少なくとも60%以上はオリジナル執筆であること。
  6. 論文掲載の「カテゴリー2」とは次の各項目をすべて満たす論文を言う。
    • 著者はSMCということを明記すること。
    • 内容はモバイルシステムの企画・構築・運用・サービスに関するものであること。
    • 500文字以上の論文であること。
    • 論文の少なくとも60%以上はオリジナル執筆であること。
  7. 更新申請では原則として発表原稿コピー添付またはURLを明記。
  8. 同一内容(事例)で複数の項目に重複する場合は、最高ポイントのみが認定対象。
  9. ポイント更新プログラムの変更はSMCのHP上で更新プログラムの案内が掲載された時点で有効。
  10. 特別にMCPCが認定したセミナー、講習会、イベント等に参加した場合にポイント加算することがある。
  11. *はSMC掲示板に掲載するものとし、事務局にて確認後ポイントとなる。

更新ポイントの申請はこちらから